生理周期とお肌の関係

 

毎日同じケアをしているのに、今日はなんとなくお肌の調子が良いとか、
お肌の調子が悪いという事はよくありますね。
実は女性のお肌は、生理周期とともに状態が変わっていきます。
女性のお肌は女性ホルモンによって大きな影響をうけるからです。

 

女性ホルモンは生理周期によって分泌する量が変化します。
生理の周期によって、お肌の調子も変わってきますので、
その時期に合わせたお肌のケアが必要となります。

 

生理周期を目安に自分の肌の状態を把握していくことも大切です。

 

 

2つの女性ホルモン

 

女性の肌は、女性の2つのホルモンに影響されています。
1つはプロゲステロン、もう一つはエストロゲンです。

 

生理前にはプロゲステロンが分泌されます。
生理前特有のイライラやむくみの原因になります。
皮脂の分泌を増やしてしまうので、ニキビやシミができやすくなります。
お肌の状態が最も不調な時期でもあります。
お肌は大変敏感になっていますので、特別なケアをしたり、
紫外線対策もより一層の注意が必要となります。

 

整理期間中はホルモン分泌が少ない状態となります。
肌は比較的安定しています。

 

生理が終わると、エストロゲンが分泌されます。
エストロゲンはコラーゲンを増やす効果があります。
お肌がつやつやしたり潤いが出てきます。
エストロゲンは若返りのホルモンでもあります。
この時期はお肌が強くなりますので、角質ケアなどの
特別なケアをするのにオススメです。