お肌の大敵は紫外線

 

紫外線がお肌にとって大敵ということは周知の事実です。

 

紫外線対策はバッチリ!
紫外線の強くなる5月から9月は対策している!

 

という女性の方は大変多いと思います。

 

ですが、それだけでは不十分ということはご存知でしたでしょうか?
実は紫外線対策は一年中必要なのです。

 

その理由についてお話していきたいと思います。

紫外線B派とA派

 

夏になると、紫外線が強いのは日差しの下にでてみれば感じることができますね。
じりじりとした夏の日差しは、紫外線がたっぷりです。

 

夏に強い紫外線は主に紫外線B派と呼ばれるものです。
紫外線B派は、エネルギーが大変強く皮膚をひりひりと腫れあがせてしまいます。
ですので、夏には皆さん徹底的に紫外線対策をされています。

 

ですが、実は紫外線にはB派の他にもA派という波長があります。
A派は、エネルギーは弱いので、普段は気になりません。
しかし波長が長いのが問題です。波長が長いと、雲やガラスを通過します。
曇りの日や、室内にいても届いてしまうのです。さらに夏だけではなく、一年中降り注いでいます。
この紫外線A派はしらないうちに、お肌の奥の真皮にまで浸透していくのです。
そして肌の奥まで浸透したダメージはある一定の量に達すると、
シミ、しわとなってお肌の表面に現れます。

 

私たちは知らず知らずのうちに、紫外線を浴びているのです。
ですので、紫外線対策は一年中、室内にいても必要なのです。

 

 

 

関連ページ

普段からできる紫外線対策
年齢に負けない美肌を目指すサイトです!